ETF

【米国株分散ETF比較】VOO vs VTI

米国株ETFは過去の実績からも高いリターンが期待できます。特に人気の高い、VOOとVTIの違いを見ていきましょう。

どちらが良いか結論を先に言ってしまいますと、どちらでもいいです。

VOOとVTIとは

いずれも米国株に分散投資する点では同じですが、違いは分散度合いです。

  • VOOは、S&P500連動を目指し約500銘柄に絞られている
  • VTIは、米国の上場企業ほぼ全てに投資する

比較

VOOとVTIの基本情報、構成、リターン、リスクについてそれぞれ見ていきます。

基本情報

VOO VTI
設立 2010年9月 2001年5月
規模 1470億ドル 1430億ドル
保有銘柄数 500 約3500
分配利回り 1.79% 1.76%
経費率 0.03% 0.03%

分配利回りはほぼ同じ、経費率も全く同じで非常に安いです。

構成比

VOO
 VTI

若干比率の差はありますが、上位セクタ―はほぼ同じです。

バンガード社のファクトシートに則って記載していますが、分類項目名のバラツキがあります。例えば「情報技術」と「テクノロジー」は同じものとみてよいので、頭の中で変換しつつ見てください。

リターン

大きな差はありませんがVOOの方が若干パフォーマンスが高いです。

結論

一番の違いは分散度合いと言いましたが、もう少し具体的にいうと、VOOは大型株のみで、VTIには2割ほど中小型株が入っているという違いです。

しかし、パフォーマンスもコストもほとんど同じと言っていいので、どちらを選ぶかは好みです。米国全体が今後も長期的に成長するのであれば、いずれもほぼ同様の高いパフォーマンスが期待できるでしょう。

ちなみに、僕はVTIではなくVOOを定期買付しています。500銘柄でも十分に分散が効いているし、不安定で倒産リスクが相対的に高い中小型株に賭けるよりも、経営が順調な企業に順張りで投資するシステムであるVOOの方が投資効率が良いと思うためです。長期で見るとわずかにVOOの方がパフォーマンスが高いのは、その辺の差ではないかなと思います。

ABOUT ME
クロノ レイ
クロノ レイ
ミレニアル世代 / 現役会社員:東証一部上場企業勤務。コーポレートガバナンス、リスクマネジメント関連業務に従事 / 投資歴7年くらい:特別な才能や知識があるわけではないけれどボチボチ増やしています / 心理学修士 (2020年9月現在、法人設立、不動産事業の準備などで多忙につき、ブログ更新頻度は激減します。年末から来年年初くらいには落ち着くと思いますので、その辺の話も記事にさせて頂きます。)