仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨(暗号資産)をはじめる前に知ってきたいこと

2017年に仮想通貨バブルで注目を浴び、その後の急落で注目度が下がっているものの、仮想通貨は着々と社会実装が進み、多くの人が投資しやすい環境も整いつつあります。

今回は仮想通貨(暗号資産)について、どういうものなのか、将来性はあるのか、リスクはあるのかといったことを見ていきます。

仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨(暗号資産)を定義する大きな2つの特徴は、以下のとおりです。

特定国家が発行・管理する通貨ではない

ドルや円といった法定通貨は、国が発行し、経済状況に応じて発行量を調整し、価値を保証しています。

一方、仮想通貨(暗号資産)は、国によって管理されたものではなく、発行量や発行方法を決める固有の仕組みをもっています。

デジタル技術

仮想通貨(暗号資産)には、不正(偽造、二重払い、盗難など)を防ぐ機能を暗号化技術、ブロックチェーンといった仕組みを活用することで実現しています。そうでないと誰からも信用されず、価値のないものとなってしまいます。

デジタル法定通貨という言葉が最近よく聞かれるようになりましたが、これは国の法定通貨をデジタル化するという試みで、各国で検討されています。国の裏付けがあるものなので仮想通貨(暗号資産)とは別物です。

デジタル法定通貨ができたら仮想通貨(暗号資産)は要らないんじゃないかと考える人もいますが、法定通貨をデジタルにしたところで通貨のインフレリスクが消えるわけではないので、引き続き自国通貨のインフレを恐れた人の資産逃避先として仮想通貨(暗号資産)が選ばれる可能性があります。他国のデジタル法定通貨を持つ人が増える可能性もあると思いますが。

将来性

冒頭にも書きましたが、2017年のバブル崩壊以降は人気が下火になり、仮想通貨(暗号資産)を保有している人は世の中のごく一部だけです。しかし、そんな中でも仮想通貨(暗号資産)による決済、送金、投資がしやすい環境が年々整備されています。

これまで仮想通貨(暗号資産)の市場参加者は、物好きな一般人や個人投資家が中心でしたが、今後は機関投資家が加わってくる可能性もあります。実際、仮想通貨(暗号資産)ファンドも海外では設立されています。国内でもSBIホールディングスが国内初の暗号資産ファンドを立ち上げようとしています。

市場参加者、取引量が増加すれば、それにつれて価格上昇が期待できます。

リスク

仮想通貨(暗号資産)は新興市場であることと、その仕組み特有のリスクがあります。

価格変動が大きい

市場参加者が少ない分、大きく価格が上下しやすいです。また、「クジラ」と呼ばれる大量の仮想通貨(暗号資産)を保有する投資家の意思によって市場を操作されてしまうリスクがあります。市場参加者が増え、クジラから大衆に仮想通貨(暗号資産)が移動すれば、このリスクは軽減されていくのだと思います。

法規制・税制

国家の保証を裏付けとしておらず、マネーロンダリング等で悪用される可能性があるため、仮想通貨(暗号資産)を規制するような流れになると、価格下落に繋がるかもしれません。日本における税制面では、株やFXがいくら稼いでも税率20%なのに対し、仮想通貨(暗号資産)は利益の大きさに応じて最大55%の税率が掛かってしまい不利な状況です。むしろ、これが改善されればポジティブです。

取引所の経営破綻

黎明期は経営の健全性やセキュリティ対策に不安のある取引所もあり、経営破綻やハッキングによる盗難が懸念されていました。現在もそのリスクはゼロではないですが、最近の取引所は大手企業の後ろ盾があったり、日本であれば金融庁の認可制度ができていますので、投資家にとって以前よりも安心な環境は整備されています。

取引方法

国内外に多数取引所がありますので、ネットで口座開設して、入金すれば比較的簡単に取引できます。国内大手の取引所であれば、金融庁の認可を受けた業者なので安心です。人気取引所は以下3社で、どれを選んでもよいと思います。大きな違いはアプリのデザインくらいで、それも個人の好みによります。他の違いで言えば、Coincheckなら積立投資ができるというところくらいかと思います。

  • Coincheck
  • bitFlyer
  • DMM Bitcoin

レバレッジ取引(国内なら2倍まで)ができる取引所もありますが、長期保有が目的なら必ず「現物」を購入してください。レバレッジは手数料が高額です(0.04%/日とかそういうレベル)。海外にはレバレッジ100倍追証無しなどという取引所もありますので、デイトレーダーは海外取引所を使う人が多いようです。

直近ではパッとしない仮想通貨(暗号資産)市場ですが、5年後、10年後化けることを期待して、注目されていないうちに少しだけ買っておいてもいいかもしれません。あくまでも、ポートフォリオのごく一部に留めること推奨ですが。

コインチェック
ABOUT ME
クロノ レイ
クロノ レイ
ミレニアル世代 / 現役会社員:東証一部上場企業勤務。コーポレートガバナンス、リスクマネジメント関連業務に従事 / 投資歴7年くらい:特別な才能や知識があるわけではないけれどボチボチ増やしています / 心理学修士 (2020年9月現在、法人設立、不動産事業の準備などで多忙につき、ブログ更新頻度は激減します。年末から来年年初くらいには落ち着くと思いますので、その辺の話も記事にさせて頂きます。)