投資のタイプ

投資信託 ざっくり解説

資産を銀行に死蔵させたままでは、全く資産は増えません。だからといって、毎日株価チャートを追いかけるようなことは、とてもやっていられません。そんな世の中の多くの人のために生み出されたのが、「投資信託」というサービスです。

とはいえ、投資をしたことのない人にとっては、本当に大丈夫なの?っていう感じですよね。「信じて託す」と書いて「信託」ですが、そもそも信じられなかったら、託せないです。

そんな投資信託とは何か、ということを今回は解説していきます。

投資信託とは

多数の投資家から集めた資金をプロが株や債券などの様々な金融商品に投資・運用し、その運用成果を投資家に還元する仕組みの投資商品です。

投資対象

主に以下のようなものに投資されます。

  • 株式
  • 債券
  • REIT
  • コモディティ(金・原油・穀物など)

これらを組み合わせたバランス型の投資信託もあります。

メリット・注意点

メリット

  1. プロに任せるので変な金融商品を購入してしまうことはない
  2. 自分で考えなくても分散投資できる
  3. 小さな金額で始められる

どのようなポートフォリオを組んだらいいのか、といった分析をしたり、リバランスしたりする膨大な作業をプロに全部任せることができます。勝手に分散投資をしてくれるので、長期で保有すれば安定したリターンを見込めます。また、個別株だと一株数万円とか数十万円という単位で購入しなければならないところを、投資信託では一口1万円程度、最近では数百円で購入できるものもあります。

注意点

  1. 投資信託の商品選択を誤ると全然儲からない
  2. ハイリスクな投資信託を選ぶと大きな評価損を抱える可能性がある

自分で運用するよりも楽にリスクを抑えて運用できる投資信託ですが、注意が必要な商品もあります。

一つは手数料が異様に高い商品を掴まされると全然資産が増えていきません。目安は0.5%以下のものを選びましょう。1.0とか1.5%を超える投資信託は情弱向けの罠商品なので、基本的に投資対象として不適格と考えてOKです。

また、リスクの高い運用手法をとる「ブル・ベア型ファンド」と「ヘッジファンド」というタイプの投資信託もあります。

ブル・ベア型ファンドとは、投資対象にレバレッジを掛けて運用すること、ブルとベアを使い分けることで、上昇局面でも下落局面でも大きな利益を出せる可能性のある投資信託です。例えばブル型3倍の場合、投資対象が10%値上がりしたら、投資資金の評価額はその3倍の30%上昇、逆に10%値下がりすると、評価額は30%下落します。ベア3倍であれば、投資対象が10%値下がりすると、評価額が30%上昇します。今後の相場が上がるか下がるかを自分で予想して、「ブル」か「ベア」かを選択する必要があります。ギャンブル要素があって難しいです。

ヘッジファンドは、自由度の高い運用を行い、相場が上がっても、下がっても利益を出すことを目標としたファンドです。○○ショックのような大暴落局面で大きな利益を生み出してくれる可能性がある一方、上昇局面なのに利益が伸びなかったり、逆に損失が出る可能性もあり、運用成績はヘッジファンドの手腕にかかっています。運用方法が不透明な性質を悪用し、ヘッジファンドを騙った詐欺もあるので、ヘッジファンドという言葉自体に嫌なイメージを持っている人もいるかと思います。

初心者の方はこういったリスクの高い投資信託は避けるのが無難です。NISAの対象になっている投資信託は、手数料が割安で、信頼できる商品が多いので、それを判断基準にしてもOKです。

人気商品

では、一般の投資家たちにどんな商品が人気があるのか見ていきましょう。個別商品の紹介は機会があれば、追々やっていきますので、今回はどんなタイプのものが人気なのか紹介します。SBI証券及び楽天証券のランキングを見て、人気度をざっくり分けました。

超人気 

  • S&P500連動型インデックス・ファンド
  • 全米株式インデックス・ファンド

今は米国株の人気の勢いが止まらない感じになっています。ちょっと行き過ぎな感じもするし、いつかは暴落するかもしれないですが、長期的には右肩上がりだと多くの人が信じているようです。僕もそう考えています。

まあまあ人気 

  • 全世界株式インデックス・ファンド
  • 先進国株式インデックス・ファンド
  • 日本株ブル・ベア
  • REIT

米国だけでなく、全世界や先進国全体に投資して分散を図る人も多いようです。

なぜか日本株のブルとベアがまあまあ人気があります。意外とリスクテイクするんだな、日本人。そもそも、既に資産運用している日本人は一般の母集団よりもリスクテイクしやすい人が多いのかもしれません。

国内外の不動産に投資するタイプのREITもそこそこ人気です。

普通 

  • バランス型ファンド

バランス型は案外人気がないですね。運用の透明性が重視されていることから、投資対象が多いバランス型よりも、シンプルな投資信託が選ばれやすいのかもしれません。

 

個人的には人気の米国株インデックス・ファンドをメインに選んでおけばよいかなと思います。ポートフォリオの中で地域を分散したければ全世界株式、不動産を増やしたければREITをお好みで加えるとよいでしょう。

ABOUT ME
クロノ レイ
クロノ レイ
ミレニアル世代 / 現役会社員:東証一部上場企業勤務。コーポレートガバナンス、リスクマネジメント関連業務に従事 / 投資歴7年くらい:特別な才能や知識があるわけではないけれどボチボチ増やしています / 心理学修士 (2020年9月現在、法人設立、不動産事業の準備などで多忙につき、ブログ更新頻度は激減します。年末から来年年初くらいには落ち着くと思いますので、その辺の話も記事にさせて頂きます。)