キホン的なコト

長期投資の本質

これまでの記事で長期投資がオススメなどと書きましたが、投資経験のない人にとっては、何をすればいいのか、本当に大丈夫なのかと疑問に思われることでしょう。今回はそんな疑問に対して、具体的な方法だけでなく、長期投資の本質にまで迫って説明していきます。

長期投資って何をすればいいの?

以前、「毎月の収入の一部を定期的に積み立てること」と書きましたが、これが何をやっているかというと、ドルコスト平均法という手法を使うことになるのです。

資金のすべてを一度に投資してしまうと、その直後に値下がりして高値掴みになってしまうリスクがあります。それを避けるために、資金を分割して同じ額ずつ定期購入するという方法です。定量ではなく、定額で購入するところがポイントで、こうすることで価格が高い時は少なく買って、安い時は多く買うということが、自動的にできるのです。

デメリットは、価格が急激に高騰した場合は一度に買った方がパフォーマンスが上がるということが挙げられますが、そんな予測ができないからドルコスト平均法を使うのです。

ポートフォリオを組んで投資対象を分散するのと同時に、ドルコスト平均法で時間を分散して投資するというのが、長期投資の基本です。

このようなリスク分散投資をしていると、必ず「こうすればもっと儲かったのに!」と考えてしまいがちですが、パフォーマンスを少し犠牲にすることで、大損するリスクを回避しているということなので、欲張らずにそのように納得しましょう!

長期投資に向いた商品

資金と知識が少ないうちは、投資信託の一択だと思います。

例えばドルコスト平均法で月2万円、定額投資したいと考えた場合、株やETFだと口数を指定して購入するものなので、「2万円分の株をください」ということができません。一方、投資信託は金額指定で小額からでも購入できます。

投資信託の中でもおすすめは、米国株インデックス・ファンドです。商品の種類はたくさんあるのですが、SBI証券、楽天証券で人気№1は下記です。

  • SBI証券「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
  • 楽天証券「楽天・全米株式インデックス・ファンド

詳細な商品紹介は今回は省きますが、いずれも値動きはほぼ同じで、長期的に値上がりすることが期待できること、手数料が安いことが好まれる理由です。いずれも、NISA、つみたてNISAにも対応しています。

不況になったらどうする?

ドルコスト平均法でインデックスファンドに定額投資したとしても、不況になって株価が下がったら損するだけじゃないのかという疑問が湧いてくるでしょう。その説明のために、以下のグラフを見てもらいましょう。

これは米国の株価指数S&P500の1950年から2020年までのグラフです。低迷した時期はあるものの右肩上がりです。もっと長期の150年のスパンで見ても、右肩上がりです。(さりげなく、近似曲線を入れてますが、指数関数的な上昇が見て取れます)

なので、不況になったらどうするのかという答えは、「淡々と予め決めたルールで買い続ける」というだけです。株価が下がったら、むしろ同じ金額でたくさん株が買えてうれしい!と考えればよいのです。

「たまたまじゃないか、今後は下がり続けるかもしれないじゃないか」と思われるかもしれません。

長期投資は、簡単に言えば「世界経済は過去から膨張し続けており、未来も同様」という考えに基づいています。信じられないかもしれませんが、人工知能研究の権威で現在Googleで研究している未来学者レイ・カーツワイル氏によれば、「人類文明は、過去も未来も指数関数的に進化する」のです。人類は、テクノロジーを発展させ、あらゆる問題を解決し、より価値あるものを効率よく生産できるようになり、人類全体で富を増やしていく、そういう生物であり、システムなのです。しかも、過去の発明を活用して、更に新たな発明を生み出すので、加速度的に文明が発展します。

この人類文明の指数関数的な発展に起因する世界経済成長の流れの中から、僕たち一般人が恩恵を受けるには、適切な投資対象に投資する必要があります。労働者として働いて貯蓄しているだけでは、銀行預金が多少増えたとしても相対的には貧困になってしまいます。

世界経済成長に賭けるのなら、なぜ米国なのか?

人類の文明発達、世界経済成長に賭けるというのが、長期投資の本質であれば、その投資対象の筆頭がなぜ米国株なのか。

世界最高の資本主義システム

1つはアメリカ自体が、いわば世界最高の資本主義システムだからです。世界中から金を集め、優秀な企業が競い合い、莫大な利益を生み出し、株主に還元する。この循環が最も効率よく回っている国がアメリカなのです。歴史的な株価の上昇からも明らかです。

イノベーション

上記とも関連しますが、世界中から金と優秀な人が集まるので、世界を変えるようなイノベーションは今後もアメリカから起きる可能性が高いと考えます。「今はシリコンバレーなんかより、深センの方がスゲェぜ」とよく聞きますが、今のところ中国は米国の技術の真似をして、膨大な内需から恩恵を受けているに過ぎません。

よく引用されますが、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏は自身に何かあった場合、S&P500を90%、米国短期債を10%の割合で資産運用するように妻に伝えており、米国の成長性に確信をもっているようです。

今後、中国やインドのGDPが米国を追い抜くことは間違いないですが、GDPと株価は必ずしも連動するわけではありません。新興国が急成長しても、米国企業はそこからしっかりと利益をあげるでしょう。また、政治リスク、地政学的リスクのある新興国が長期的に成長できるかは不透明なので、米国株は長く好まれ続ける可能性が高いと考えます。

結論
  1. ポートフォリオを組むことによる投資対象の分散、ドルコスト平均法による時間の分散が、長期投資の基本
  2. 投資対象は米国株インデックスファンドをメインとするのがオススメ
  3. 長期投資の本質は「人類文明の発展、世界経済成長に賭ける」ということ
  4. その世界経済成長の中で効率よく安定的に利益を上げられるのは、今後も米国と考えられている

たしかに、未来のことは誰にも分りませんので、予想外の出来事で米国が再起不能になるようなことが起こるかもしれません。中国が民主化し、米国の自由主義経済を凌駕する経済システムを発明するかもしれません。突然、日本が大復活してジャパン・アズ・ナン・・・それはないか。

米国が崩壊するような事態が起きたら、日本も相当まずい状況になっていて、銀行預金に価値があるのかもよく分からない状況になってるだろうから、その時生き延びる方法を考えるしかありません。そんな可能性の低そうな悲観的想像をするよりは、人類全体は諸所の問題を抱えつつも、まあまあ良い方向に向かい、米国も商売上手な良い国としてそれなりにやっていけるというのが、よほど現実的な未来予想だと思います。

米国だけじゃなくて、新興国あるいは全世界にも賭けたい!という人は、そういう投資信託もありますので、お好みでポートフォリオに組み込むのがよいと思います。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ
楽天証券

ABOUT ME
クロノ レイ
クロノ レイ
ミレニアル世代 / 現役会社員:東証一部上場企業勤務。コーポレートガバナンス、リスクマネジメント関連業務に従事 / 投資歴7年くらい:特別な才能や知識があるわけではないけれどボチボチ増やしています / 心理学修士 (2020年9月現在、法人設立、不動産事業の準備などで多忙につき、ブログ更新頻度は激減します。年末から来年年初くらいには落ち着くと思いますので、その辺の話も記事にさせて頂きます。)