トレードスタイル

初心者や会社員に最適な投資スタイルとは

投資口座を開設したけれど、これからどんなふうに投資活動を進めていけばいいのか迷う人もいるかと思います。投資スタイルはどんなものがあるのか、初心者に合ったものはどれなのか説明します。

キャピタルゲインとインカムゲイン

投資から得られる利益にはキャピタルゲインインカムゲインの2種類があります。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、株などの投資商品の売買で得られる利益です。株が安い時に買って、価格が上がったら売るということです。比較的、短期間に大きな利益を期待できることもある一方、突然株価が暴落すれば含み損を抱えることになります。

インカムゲイン

インカムゲインとは、投資商品を有しているだけで得られる利益です。株であれば、企業の収益の一部を配当として得られます。金利の高い国の外貨を保有すれば、スワップポイントとして利息が得られます。

この2つの利益のどちらを狙うかということになります。

デイトレードと長期投資

投資のスタイルを大きく分けると、デイトレードと長期投資に分けられます。

デイトレード

これはキャピタルゲインを狙って、短期間のうちに売買を繰り返して利益を上げる方法です。このスタイルで投資を行うには、テクニカル分析の知識・スキル、チャートを見続ける時間、自己のメンタルをコントロールできることが必要になります。

テクニカル分析とは、様々な数学的、統計的手法や過去のパターンを利用した分析などを行い、現在の市場の状況や今後のトレンドを予想する方法です。知識があるだけではダメで、常に値動きを見続けて、分析と意思決定を素早く行わなければなりません。そして、売買の瞬間や突然の値動きに感情を揺さぶられることなく、自分で決めたルールに従って淡々とトレードを繰り返すのです。

お気づきと思います、これ、初心者や時間のない会社員にはほぼ無理な話です。はい。

長期投資

大半の普通の人に向いている投資スタイルは、長期投資です。長期投資の場合は、キャピタルゲインとインカムゲインの両方を狙えます。やり方としては、簡単に言えば以下の2通りがあります。

  1. 投資信託などを利用して人に任せてしまい、そこに毎月の収入の一部を定期的に積み立てていく
  2. 自分で投資商品やその比率に関するルールを決めて、定期的に積み立てていく

初心者は1のように、投資信託に任せてしまうのがいいでしょう。注意点は、投資信託には信託手数料がかかりますので、それが0.5%以下のものを選ぶということです。

ある程度知識が身について、中級者になったら2の方法もよいでしょう。例えば、投資ブロガーとして有名な「バフェット太郎」さんの手法です。連続増配、高配当の米国株10種に均等分散で、積立投資し続けるという考え方です。この手法はあくまで一例で、より最適な手法があるかもしれませんが、どの手法が未来の相場で最適なのかなんて、誰にも分りません。重要なのは、投資商品のリスクとリターンを考え、リスクを抑えるために適切な分散投資をすることです。このリスク分散を目的に様々な投資商品を組み合わせて保有することを、「ポートフォリオ」を組むといいます。ポートフォリオを考えるのが少し楽しくなってきたら、中級者の仲間入り。そんなこと考えるの面倒、時間が無い、という方は、1の投資信託でも全然悪くない選択だと思います。

その他の投資スタイル

投資スタイルと言ってよいかわからないですが、他にもシステムトレード、ロボットアドバイザーなどを利用する方法もあります。必ずしも、全部オススメという訳でないですが、機会があれば紹介します。

結論
  • 初心者、会社員にデイトレードはムリ
  • 初心者、会社員にオススメは、長期投資で投資信託に積み立てる
  • ある程度知識がついたらオリジナルのポートフォリオを組んでみると投資が楽しくなってくるかも

長期投資のもう少し詳しい方法やポートフォリオの組み方については、また別の記事でお話しします。

 

 

ABOUT ME
クロノ レイ
クロノ レイ
ミレニアル世代 / 現役会社員:東証一部上場企業勤務。コーポレートガバナンス、リスクマネジメント関連業務に従事 / 投資歴7年くらい:特別な才能や知識があるわけではないけれどボチボチ増やしています / 心理学修士 (2020年9月現在、法人設立、不動産事業の準備などで多忙につき、ブログ更新頻度は激減します。年末から来年年初くらいには落ち着くと思いますので、その辺の話も記事にさせて頂きます。)